玲が紡ぐ         ✞小獣達の鎮魂歌✞

鎮魂歌、書きます(直球) 誹謗中傷は@AniPokeLoveliveまで

X-Rei ver.ファイナル

こんにちは。TNファイナルことreiです。思ったよりデェガクが忙しくて萎えてます。さて、構築はいつも通り僕が案を出し紫炎が調整を考えるといった分担で組んでいたのですが、DSがなくJCSはやらないつもりでした。しかしJCS前日にカムイがDSを貸してくれるとのことだったので急遽ストーリーをTNファイナルで進め、1ロムだけ参戦することにしました。一定の結果も出たし強い構築だったので公開しようと思います。ちなみに言語障害各位に飯一食おごりで売りつけたので結構当たった方もいると思います。対戦ありがとうございました。

TNファイナルだからって鍵垢で構築晒してきた君、絶対忘れないんでよろしく。幕張で会いましょう。

構築経緯

このルールが始まった当初から、皆さんお気づきのようにレックウザの性能が頭ひとつ抜けていると思いました。
それでオーガレックを回していたのですが、オーガが弱すぎてお話にならなかった。(ですが、オーガレックも勝ち上がっているみたいなのでこの段階での考察不足は否めません)
最初は自分がオーガに適合できていないだけだと思っていましたが身内と話している限り、みんなと考えが一致したのでオーガを諦めて相方を探している中で結局一番高い性能のポケモンと二番目に高い性能の組み合わせであるレックウザ‐ゼルネアスにいきつきました。
それからは一切浮気せずレックゼルネだけを触り続けてjcsを迎えました。まず入ってきたのはガオガエン
そもそもどの構築においても一般枠の枠に収まる強さではないくらい強いですが、ことレックゼルネにおいてはこの2体が鋼に弱いこと、どちらも一回のノーリスクの行動に試合を終わらせるパワーがあることから一番強く使えるといっても過言ではないくらい相性がいいです。
ここに当時テンプレだったレヒレランドバレルなんかを入れて回していて、確かにいろいろな構築に対してメタは張れているのですがイマイチ4体で戦うという方向性がとれておらず、どれを出しても選出に力がないと感じました。
ここで自分はゼルネガエンレック@1という考え方をするようになりました。
自分はJCSという形式では格上をつぶすより格下に取りこぼさないことを重要視していて、その考え方で行くと猫2枚というのが基本選出として最も合理的に感じました。
そんな感じでいろいろ考えていると天才的な案が降ってきました。トゲデマルです。
型については後述するのでここでは伏せますがこれでほとんどの構築と戦えるようになりました。
ここまでで重いなと感じたのがアマージョ、テテフなど先制禁止系・身代わりメガゲンガーモロバレル。さらにこれらのギミックにトリル鋼が絡むとアチャーという感じでした。
が、 またも天才的な発想で防塵ゴーグルトゲキッスを思いつきました。
指をしていればバレルやドーブルが止まりますし、アンコールがあるので不用意な猫やゼルネのジオコンにも隙を見せません。
これで5体が決まったのですが、まだトリル持ちの鋼、ゲンガーがうまく解決できていません。
ランドロスドリュウズなどいろいろ触っていたのですが、最後まであまりしっくりこず…という感じでした。 そんな時に師匠である浅野あみけさんから構築よこせと言われたので投げたところ、等倍でごり押せるポケモンということでメガネ化身ボルトを提案されました。火力が高く、浮いているので隣にレックウザを置いて地震が打てます。かなりきれいにはまりました。 以下が画像です。

f:id:pokerei:20190423001133p:plain

X-Rei

個別解説

レックウザ
性格:いじっぱり
実数値:181-255-120-×-120-167
努力値:4-252-0-0-0-252
特性:エアロック
持ち物:こだわりハチマキ
技構成ガリョウテンセイ/神速/地震/滝登り
 
地震:実はメインウェポンみたいなところがあるかもしれない 価値がある盤面であれば積極的に巻き込んでいく
滝登り:グラードンピンポだがワンパンできるのはあまりにも強いため採用
 
当初は耐久に振ったレックウザを使っていましたが、ゼルネアスを抜いていないとお話にならないため準速に。カイオーガやゼルネアスの倒せる範囲を広げるためにAにも特化しました。環境の序盤では、ハチマキ、タスキ、木の実など試しましたが(珠は耐久がひくいポケモンではないため食わず嫌いした)ノータイムで出せる火力が天と地ほど違うこと、剣舞を積んだとしてもガエンを投げられるだけで行動がどんどん遅れていくことを考えハチマキに落ち着きました。場にいらなくなっても引きやすいのでサイクルが強い猫2枚のこの構築にはあっていたと思います。
 
ゼルネアス
性格:ひかえめ
実数値:230-×-121-190-119-127
努力値:228-0-44-172-4-60
特性:フェアリーオーラ
持ち物:パワフルハーブ
 
H:極力高く
B:⁻1特化ツンデのジャイロボールが~224ダメージ/陽気252ハチマキメガレックのガリョウ確定耐え/特化ゲンシグラの断崖44.2%で2回耐え
C:+2ムンフォでH252D4ゼルネを81.2%で一発、同条件の+2ゼルネを96%で2発、ジオコン後バクア考慮で偶数
D:端数、臆病252メガゲンガーのヘドロが~224
S: 陰湿大王ビ〇ラゼルネ+2、+1で最速120族抜き
 
無難に強かったです。このポケモンを採用するとほとんどの勝ち筋をジオコンをノーリスクで積むことに集約できるのがいい。直前までは最速ゼルネアスを採用し使っていましたが、最速の最大の利点はゼルネアス対面で同速を仕掛けられることであり、そういう局面は避けたいし避けることができていると判断し耐久型にシフトしました。本番3日前くらいの判断でしたが結果的に大正解でギリギリ耐えて勝ちのような試合が頻発したので良かったです。
 
性格:しんちょう
実数値:200-136-111-×-154-84
努力値:236-4-4-0-236-28
特性:いかく
持ち物ホノオZ
技構成フレアドライブ/ねこだまし/とんぼがえり/ほえる
A:端数
B:端数
D:臆病ゼルネの+2ムンフォ耐え、11n
S:最遅90族抜かれ
 
ホノオZ…ガエンZや半分回復なども試しましたが賢者のナットレイテッカグヤの処理を早めるためにホノオZに落ち着きました。ゼルネレックの苦手な鋼を処理できるのは値千金なのでレックゼルネにおいてはZ以外使えない体になりました(紫炎は木の実で使っていたらしい)ガエンZにできてホノオZではできないことといえばオーガやレックへの打点確保が挙げられますが、それが影響して負けた試合はなかったしコケコをワンパンしたりゼルネへの打点になってくれたりしたのでこっちでよかったと思います。ただ、ルナアーラを重く見るならガエンZなのでここに関しては賢者層がいるかいないか、だと思います。
ほえる:ゼルネガエンミラーでジオコン吠えるでしこってました。邪魔な奴守るやらトリル読みで返したり偉かったです。
 
威嚇+猫+とんぼ+火力
制作側に愛されてるなぁと思いました。強かったです。
天候がなければ特化オーガの根源+猫耐えるの意味わからん過ぎて笑ってました。
 
 
性格:ようき
実数値:141-150-83-×-93-162
努力値:4-252-0-0-0-252
特性がんじょう
持ち物だっしゅつボタン
技構成:びりびりちくちく/ほっぺすりすり/てだすけ/ねこだまし
 
特性が頑丈のためASに振り切りました。
序盤に頑丈脱出ボタンデマルを思いついた時点でJCSはもらったと思いましたが、本当に最後まで現役バリバリで使えました。雑に投げて猫を打って帰ってもらったりガエン引きデマルから有利対面を作ったりやれることは多いです。地味にタスキ潰し兼アド取りのガエンの蜻蛉をもらって一方的に帰れるのが優秀でした。
手助けは行動前にかえってアド損するのが嫌で採用しましたがボチボチ強かったです。
ちなむと手助け地震ではシュカツンデは死にませんが威嚇込みでもシュカじゃないツンデは死ぬっていう微妙なアレです。
 
性格:おだやか
実数値:192-×-125-141-172-101
努力値:252-0-76-4-172-4
特性:てんのめぐみ
技構成エアスラッシュ/おいかぜ/アンコール/このゆびとまれ
 
H…最大値 B…陽気252メガレックの珠テンセイ最高乱数以外耐え C…端数 D…実数値198のゼルネアスの+2FAムンフォ93.8%耐え、臆病252テテフのPFサイキネz耐え程度 S…追い風で130族抜き 
催眠ケアだけならレヒレとかでもいいとは思うのですが、フィールドをとれるといってもテテフが安定するとは思えなかったため採用しました。 なので、テテフの数によって選出回数やら評価が変わってくるのですが、幸い(?)JCSではめちゃくちゃ多かったためだいぶ活躍してくれました。 ちなみに、アンコールは非常に吠えると相性がよくゼルネのジオコンに刺した後放置できるのが非常によかったです。
 
ボルトロス(化身)
性格:おくびょう
実数値:155-×-90-177-100-179
努力値:4-0-0-252-0-252
持ち物こだわりメガネ
技構成10まんボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー(地)/サイコキネシス
 
浅野さんに鋼を等倍でごり押せるポケモンということでボルトロスを勧められたのがきっかけです。メガメタグロスより速いため化身での採用になりました。全体通してかなり強かったのですが、サイキネだけは失敗だったかなと思いました。というのも、サイキネでゲンガーを落とせるとは限らないしそもそも10万地震でいい、サイキネでこだわるのが弱いため、打つ機会がなかったです。また、クロバットが想定以上にきつかったため眼鏡挑発から無理やりゼルネを積ませた方が良かったかなと思いました。

選出

vsグラゼルネ
→バレルの有無によってゼルネガエンレックキッス(デマル)
ゼルネになんかの事故で一方的に積まれなければまず負けません。
vsミラー
→ゼルネデマルガエンレック(デマルとガエンの順番はフィーリングで変動)
常に猫を維持していけば相手がスタミナ切れを起こしてくれるのでそこにガリョウかジオコンを通せば勝てます。
vsテテフネクロ
→ゼルネキッスガエンレック
キッスで吸ってゼルネを積ませ、ホノオZガエンとの並びを作ることを目指します。選出がゆがまされるのでややきついマッチアップですが僕のタマシイの一戦が1809のこれとのマッチアップだったのでまあ何とか半分くらいは勝てます。
 vsオーガレック
→ボルトレックゼルネガエン
大体ゲンガーとかツンデが入っていると思うのでそこを破壊するためにボルトレックを出すことが多いです。レック対面でレック突っ張らせたくないので基本裏はガエンです。
その他困った時(特にきついのがいなくて逆に困った時)や有象無象にはゼルネデマルガエンレックと出しておけば間違いなく五分以上に戦えます。

雑感

トスも不正もしていないので抜けさせてください(切実)
最後の二週間くらい本当にまったく練習せずに参加が決まったので、まだ最適解があったかもしれないというのが本音です。精進していきます。
このルールはどのアーキタイプを握ってもキツイ構築が存在してしまうのでかなり難しいと思いますが全部に9割!とは言わないまでもほぼすべての構築にプレイング勝負が仕掛けられる構築が組めたので良かったと思います。
今回で抜けられなかったら今後のルールで構築売りつけようと思うので興味あったらDMでも送ってきてね。
なにか質問があれば聞いて下さい。では。

【inc使用構築】浪人脱出ルナオーガ

こんにちは 三ツ矢です。

🦇🐳🐯🍄🧞‍♀️⚔

このルールではこれを使いました。

最近記事はエモルガムの方に投げていましたが休止中ということで久しぶりに†小獣達の鎮魂歌†を記そうと思います。過去の歌詞は見ないでください。西野カナなんかはこんな気持ちをいつも味わっているのでしょうか。

サンシーズンでは紫炎と全ての構築を考えていました。 紫炎の方でウルトラ没構築(http://shien2500.hatenablog.com/entry/2018/12/03/234238)が公開され、ご覧になったかたの中には #こいつら頭大丈夫か?? #本当に浪人だよな?? #構築内容そんなだから浪人するんだよ #2浪しろ と思った方もいるでしょう(しかいないでしょう) 。本当にその通りです。

さて、今から書く構築が本命だったのですがスタンダードに上手くまとめられたと思っているのでせっかくだし公開させて頂こうと思います。ちなみに基本的に構築の大枠は僕が考え配分面はその大枠上最低限満たしたいところは伝えて紫炎に丸投げしてました。選出や技の1枠など細かいところは2人で検討する感じです。

 

†構築経緯†

数多のゴミ構築による経験値によってこのルールの対戦の基本的な流れは

*自分が整地作業をしてオーガかグラかゼルネを通す

*相手の整地作業を妨害して相対的に優位に立つ

のどちらかであると考えました。そして僕らの大体の構築は後者を目指していく構築でした。後日本命にするつもりだったレパゼルネが紫炎から公開されますがそれや、重量催眠テテフライドが最たる例です。

しかし、これらの構築を回していくうちになにをしてもトリックルームを基本とする構築に確実に多かれ少なかれ不利がつくことに気づきました。実際、トリルを安定して100%止められる行動は究極的には存在しないため、盤面整地が重要なルールにおいては破格の性能だと思います。そこで、当時tier1だったルナオーガに手を出してみることにしました。

ルナアーラ猫騙しが効かない為、こちらの猫騙しと合わせると高い割合でトリルが通ると踏んだのでガエンルナアーラ、エースにオーガ、潤滑油兼基本選出・オーガより遅いヤツらを払うためバレル、ガエンではサポートが上手くできないやつにトリルを貼る補助をするためとフィールドをとるためテテフ、トリル以外のs操作がないとバレルにレイプされてしまうのでツルギを採用しました。テテフツルギに関してはルナアーラミラーが不毛すぎるためこの2匹でケアできるようにしたかったのもあります。これで6体決まりました。

 

†個体詳細†

 

🦇ルナアーラ

性格:控えめ

実数値:235-×-119-205-128-119

努力値:180-0-76-236-4-12

特性:ファントムガード

持物:ナモのみ

技構成:シャドーレイ/サイコショック/トリックルーム/ワイドガード

 

H あまりでBライン満たす最大値

B -1orアイテム消費した時陽気珠イベルのオーラ叩き耐え(ナモじゃない時の名残なので気休め)

C d4ソルガレオ確定

S 追い風時最速スカーフ90族抜き

 

ルナアーラはこのルールではこいつ単体でガン有利というのは余りないが反対に不利がつくのもほとんどないためマッチングゲーと揶揄されるこのルールでは非常に精神面で良かった。

特に言うことは無いが、ワイガと守るは最後まで悩んでいて、結局どっちも欲しいため体感微妙に欲しい場面が多いような気がするワイガを選んだ。あると少しグラが楽になるのと流行りのバクアガエンの鬱陶しさが緩和できるのがデカい。

 

🐳カイオーガ

性格:控えめ

実数値:207-×-111-222-160-104

努力値:252-0-4-252-0-0

特性:あめふらし

持物:こだわりメガネ

技構成:潮吹き/根源のはどう/熱湯/雷

 

H最大値

B特化珠イベルのオーラ叩き耐え

C特価

Sトリル下でミラー、レヒレの下を取りやすいかつ追い風でコケコより速い104

 

こいつも特に言うことない。潮をうつにしても根源を打つにせよ火力ヤバすぎる。このルールは守る持ちがかなり少ないしオーガにすら受け出しを許さない点でトリル下でこいつを着地させてしまえば勝ちという安心感があった。

Sに関しては永遠に議論していてスイッチ構築であるため104が最適だとは思う。

どうせガチトリルのオーガより遅くできないしするべきではないのだけど、相手のトリル(っぽく見える構築)のオーガのsがわからないのがストレスには感じた。根源当てれば強いけど当てないため潮吹きをちゃんと打てるように立ち回ることが勝率あげるために絶対必要。

 

🐯ガオガエン

性格:慎重

実数値:201-135-110-90-154-84

努力値:244-0-0-0-236-28

特性:威嚇

持物:イトケのみ

技構成:バークアウト/フレアドライブ/とんぼがえり/猫騙

 

D臆病ゼルネの+2オーラムンフォ耐え

S最遅オーガより遅くしつつ、できるだけミラーに上を取りたい

 

特に言うことがない(3匹連続)

トルネオーガにはトルネに猫を打ちたいため(某big6には先発ガエンしないのでその他の構築のトルネオーガということになるが)先発オーガの打点を一応たえる為にイトケと、ディアオーガに打ってると強いバークアウト。

もちろんバークアウトは強く、SD環境においては非常に勝ちに貢献したのだがincは環境が成熟しておらず、バークアウトで遅延したいような展開があまりなかったので叩きのが良かったかもなーって紫炎と話してた。

 

🍄モロバレル

性格:冷静

実数値:219-×-102-121-118-31

努力値:236-0-92-36-140-0

特性:再生力

持物:脱出ボタン

技構成:キノコのほうし/怒りの粉/ヘドロ爆弾/守る

 

H3n

B特化ルナアーラのショック耐え

Cヘド爆で特化オーガの潮2耐えアマージョを確定2

D最遅

 

最強ポケモン。脱出ボタンが強すぎた。

対グラで天候を取りに行ったりオーガの安着にクッションしたり。再生力でディスアドが緩和されるのも良い。

ヘド爆については、構築上重めのアマージョやコケコ、稀によく起きるミラーの1on1に勝つ為採用したがかなり良かった。クリスモがなくともオーガを通せばジオコンは関係ないためこのポケモンで見る必要は無いし(クリスモがあった所でこちらがやりたいことを通さないと勝てない)、そもそもゼルネは出てこないことの方が多かった。

整地至上のこのルールにおいては脱出ボタンはマジにガチだと思う。

このポケモンの前でツルギバレルが並ばないように気をつけないといけない。出さないのも一考。

 

🧞‍♀️カプ・テテフ

性格:臆病

実数値:152-×-96-175-136-161

努力値:52-0-4-196-4-252

特性:サイコメイカ

持物:サイコシード

技構成:サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール/サイドチェンジ

 

B 端数 陽気ツルギのリフブレ耐え程度

C余り

D +1でゼルネの+2ムンフォ耐え プレートルナのシャドーレイ上1つ切って耐え

S最速

 

上の4匹で足りない部分を綺麗に埋めてくれた神ポケモン。シードサイドチェンジが死ぬほど強く、ガエンでは止められなさそうなルナアーラのトリル妨害手段のケアに貢献した。また、ルナアーラミラーは不毛でルナアーラ構築の多くはルナアーラの処理をルナアーラが担当し、倒せなかった場合手数の暴力に頼らざるを

得ないのが嫌だったため、テテフツルギで出して叩きシャドボで処理するプランを立てた。通れば相手はこちらのルナアーラがキツイためほぼ勝てたし、フィールドとバレルに強い関係で妨害手段がほぼないため9割程度は通った。唯一様子見の守るがキツイがルナアーラは守るの採用率そこまで高くないしまあ打たれたらしょうがないかなと言う感じ。

 

カミツルギ

性格:陽気

実数値:135-233-151-×-51-177

努力値:4-252-0-0-0-252

特性:ビーストブースト

持物:気合いのタスキ

技構成:リーフブレード/叩き落とす/聖なるつるぎ/追い風

 

普通のタスキツルギ。追い風はどうせ打っても追い風はりあう展開やジオコンゼルネを構築全体通して抜けないため積極的に貼りに行く技ではなく、有利を確定してから打ったりトリルの最終ターンに打つ技。S操作がこご風やエレキネットしかなさそうな舐めた構築なら初手から打つのもまぁあり。(トリル優先ではあるが)選出もテツルで出すことがそこそこある程度でそんなに多くないがタスキということもあり、最低限の役割は果たせることが多いので消去法で出すこともある。

???「ビーストブーストをトリガーしていくぅ」

 

†選出†

 

基本は(6,7割は)🦇🐯🐳🍄

big6には🦇🧞‍♀️

ルナアーラミラーは🧞‍♀️⚔

 

例外は構築パワーが高いため適宜引き先に困らないようにすればある程度先発の自由度は高い。

 

†雑感†

結構自分たちの中では完成度高い構築だとは思っているのですが、やはり何戦か落としてしまったため9割5分勝って予選落ちした某氏はやはり異次元の存在なんだなと思いました 以上ですぅ

【カマルオフ使用】オーガレックドーブル【VGC2016ダブル】

こんにちんちん reiです

カマルオフに参加してきました 結果は16人抜けの17位と悲報なものでしたが構築自体はとてもTUYOだったのでなるべく簡潔に書きます

一応Showdownでは1860を記録した構築でもあります

兼ねてから言語障害勢の一員であるところの緑茶麦茶さん(@Green3Barleytea)と調整を重ねてきた構築で後日内容も少し違う彼の視点から見た構築が公開されるようなのでそちらもあわせてご覧くだされば幸いです

メンツは

f:id:pokerei:20161101000508p:plainf:id:pokerei:20161101000516p:plainf:id:pokerei:20161101000523p:plain

f:id:pokerei:20161101000404p:plainf:id:pokerei:20161101000416p:plainf:id:pokerei:20161101000531p:plain

以上のとおりとても珍しい編成になっているかと思います

さっそくですが個別解説です

カイオーガ @ こだわりスカーフ 
特性: あめふらし 
レベル: 50 
努力値: HP 4 / 特攻 252 / 素早 252 
個体値: 攻撃 0 
- しおふき 
- こんげんのはどう
- ねっとう 
- れいとうビーム 

ごく一般的なスカーフカイオーガです

最大火力の潮吹きは無振りのガルーラを80パーセント以上の高乱数で落とし、ドーブルのフェイントと合わせて確定をとれるほどで目を見張るものがありました

基本はドーブルと先発で出して潮吹きを通すことを最優先に立ち回ります

削れたら引くなり倒してもらうなり場に残さないことが重要です

メガレックウザ @ とつげきチョッキ 
特性: デルタストリーム 
レベル: 50 
努力値: HP 100 / 攻撃 156 / 素早 252 
ようき な性格 
- ガリョウテンセイ 
- りゅうせいぐん 
- アクアテール 
- しんそく 

スカーフカイオーガと相性の良いチョッキレックウザを採用しました

グラードンに対して後出しする為の耐久を確保する為です

積んだゼルネのシャインを耐える確率が上がるbetさんの配分です

滝登りでなくアクアテールなのは滝登りではグラードンをワンパンできないためです

考えてメガシンカしないと色々悲報が発生するので気を付けましょう

ドーブル @ きあいのタスキ 
特性: ムラっけ 
レベル: 50 
努力値: HP 252 / 防御 252 / 特防 4 
のんき な性格 
個体値: 素早 29 
- ねこだまし 
- フェイント 
- ダークホール 
- このゆびとまれ 

トリックルームに対する切り替えしのための84ドーブル

甘えた守るやワイドガードを破壊したり止めに使えるフェイント、そしてダークホールはマスト技

このゆびとまれの枠はファストガード不意打ちを透かせる点で同等であり、最後までこのポケモンに役割を持たせられる点で優位です

実際Big-B戦でメタモンが変身したジオコンゼルネに対するドータクンのジャイロボールを吸って何とか勝ちを拾った試合もありました

ねこだましは広範な場面で使える技として採用し、役に立つ場面はありましたが他にもいい技があるかもしれない、といった評価です

カマルオフにおいてはこのポケモンカイオーガを全試合先発で出しました

 

ロトム(ウォッシュ) @ オボンのみ 
特性: ふゆう 
レベル: 50 
努力値: HP 252 / 特攻 60 / 素早 196 
おくびょう な性格 
個体値: 攻撃 0 
- ハイドロポンプ 
- 10まんボルト 
- イカサマ 
- でんじは 

準速90族抜き

gsにおいてとても珍しいですが重力のないグラカイ、オーガレック、グラレックに強いです

イカサマは微妙に残ったレックウザ、晴れ下グラードンをを削りきれるのでなにかと便利です

このポケモンを出すときは迅速にライチュウを処理することを意識していました

メタモン @ せんせいのツメ 
特性: かわりもの 
レベル: 50 
努力値: HP 252 
個体値: 攻撃 0 
- へんしん 

ゼルネアスをパクって、あるいはグラカイの片方をパクって有利な運げーを仕掛ます

基本選出の一員であり、この構築は対big系においてあらゆる択負けの結果としてゼルネに積まれることが負け筋になるため、択負け=試合に負ける、という等式をなくしそれどころかこちらを有利にすることさえあるのはとても強かったです

ガルーラ @ ガルーラナイト 
特性: せいしんりょく 
レベル: 50 
努力値: HP 4 / 攻撃 252 / 素早 252 
ようき な性格 
- おんがえし 
- グロウパンチ 
- ふいうち 
- ねこだまし 

出さないので使い勝手については知りません

択発生要因であるドーブルが少しでも先発に出てこないよう採用しました

緑茶麦茶さんは最終的にこの枠にマニューラを採用したようです

今思えばあまりドーブルの刺さらないグラカイに対しもう少し実のある回答を用意したかったなと反省している枠でもあります

ちなみにこの枠によく入っているファイアローについてはファイアローの有無で見せ合い段階でカイオーガのスカーフを考えるプレイヤーが多いこと、それを補うほど強さがないことから自分はないかなと思っています

 

基本選出は元も子もないですが

オーガドーブルレックウザ@1で一番刺さってるのを選出すればいいです

まれにゼルネレックなどにオーガロトムレックメタモンで電磁波ばらまいてメタモンでパクるプランを立てますがこちらもなかなか強いです

 

最後になりますがよくスカーフオーガは択が多いといわれますが、実際100パーセント勝てる安定初手は比較的少なめです

しかし相手はスカーフ潮吹きを通されたら負けてしまうので消極的になりやすく、相手の取りたい択をしっかり考えれば自ずと答えが出る択ばかりです

相手の立場になって考えて行動したら後は祈りましょう

 

ここまで書いてて気づきました めっちゃ弱そうですね

使っていただければかなり強い自信はあるので気が向いたらぜひ

 

 

【全国ダブル】あいオフ使用・リザゲン2メガ追い風トリルスイッチ

全速前進ヨーソローーー!!!こんに乳首 reiです。

今回はまじめにあいオフで使用した構築を書こうと思います。

 

この構築を組むにあたっては、きりゅー(@kiryu_722)氏にとてもお世話になったことを前提にしておきます。(自分は勝手にこのパーティを新旧えびわらーの囲いスタンと呼んでいますが某所から嬲り殺されそうなので呼ばないでください

 

メンツ

f:id:pokerei:20160720121626p:plain

画像はしゃなぽけさんのあいオフ結果記事から拝借しました。

当初、滅びに偽装するという考えはなかったのですがズキンゲンガーバレルがいることから結果的に対戦した人からは滅びかと思ったという声が聞かれ、メンツとしても面白い形にまとまったのではないかと思います。

 

構築に至った経緯

まずリザードンの追い風という技を僕は大変評価しておりこの構築を使う前には「リザードンドーブルの初手の形をとりドーブルが猫だまし、リザードンが追い風を選択⇒以降ダークホール+熱風でイージーウィン」という構築を使っていました。

ちなみにこの構築は、しゃなぽけさんが第10回あいオフで使用しベスト8、僕が京オフで使用し3位という上々の結果を残しています。

しかし、GSがvgc2016ルールに選ばれたことで全国ダブルのほうでもドーブルが注目され対策が見受けられるようになりました。

したがって、S操作+猫だましという単純かつ合理的な初手を基本に据えつつ、ガルーラやサーナイトボーマンダといった強力なメガ進化を軸にしたスタンにパワー負けしないような構築を目指すことにしました。

しかし、スタンにするとやはりリザードンの性能が目につきます。完全に有利といえる環境のメガ進化はサーナイトクチートあたりのみで、もともと雨を苦手とするパーティが補完のため採用するようなメガ進化です。そんな感じで行き詰っていたところトリックルームゲンガーに出会いました。これによりリザードンでカバーしきれないガルーラ、ボーマンダに対する回答を得ることができました。

 

個別解説

f:id:pokerei:20160720125219p:plain

リザードン@対応メガストーンY 控え目

火炎放射 ソーラービーム 追い風 守る

 

追い風を通す為、珠ボルトの10万・ランドロスの岩雪崩を耐えるまで耐久に振り切りました。

オフ直前にあまりにも熱風を外したのと放射でも勝てるだろうと漠然と思ったので放射にしましたが、やはり通してアドバンテージが取れるのは熱風なので当てられるなら熱風のほうがいいです。メインで使い始めたこのポケモンですが担う範囲が環境最大手のガルーラやボーマンダと比較すると少ないため、ゲンガーより選出回数は少なくなっていきました。

 

f:id:pokerei:20160720125246g:plain

ゲンガー@対応メガストーン 生意気S個体値

シャドーボール めざめるパワー氷 トリックルーム 守る

鉢巻ファイアローブレイブバードギルガルドシャドーボールを耐えるところまで耐久に振りました。

トリックルームの制圧力と影踏みの相性が非常によく、交代や守るを駆使して稼がれることが多いターン数を最大効率で使用することができます。

シャドーボールギルガルドを迅速に処理するために必要な技であり、めざパはボーマンダの処理やチョッキランドロスを後述のズルズキンの叩き落とすとあわせて処理できるため、かなり強かったです。

 

f:id:pokerei:20160720125230p:plain

ズルズキン@突撃チョッキ 意地っ張り

ドレインパンチ 叩き落とす 猫だまし ストーンエッジ

S実数値を96に設定し無補正無振りヒードランよりも遅く、追い風下でゲッコウガよりもはやくなるように調整しました。

基本的に前述のメガと先発で一緒に出します。

ガルーラスタンやトリル始動役に軒並み刺さっており、使いやすさは猫だまし一般ポケモンの中でも最高だと思います。

ストーンエッジリザードンを迅速に処理するため採用しましたが、オフでは迅速に処理できませんでした。なぜかは勘のいい人ならわかると思います。

かといって他に強い技もないのが残念なところ。

 

f:id:pokerei:20160720125316p:plain

モロバレル脱出ボタン 呑気

キノコの胞子 怒りの粉 ギガドレイン 守る

ボタン!?滅びでもないのにアホかよ 雑魚はポケモンやめろ と思われる方もいると思いますが至極真面目です。

相手:ガルーラランドロス

自分:ゲンガーズルズキン という初手を想像してみてください。

ここで普通こちらが安定してトリルを張れる択は存在し得ません。相手の猫だましのほうが早く、いろいろな分岐が考えられるためです。

しかし ゲンガーメガ進化守る ズルズキンモロバレルバックして脱出再度ズルズキンと進めることで一方的に猫だましの権利を得るとともに威嚇を2度入れ、更に影踏みで交代を縛っています。この状況になれば安定してトリックルームから展開できるでしょう。

更に雨パーティを相手にした際、リザードンが天候を奪われた場合、こいつをクッションにすることでノーリスクで天候を奪い返すことができます。完全にこいつの採用は正解だったといえます。

ついでにエルテラにもこいつをクッションにすることで有利に立ち回れます。

f:id:pokerei:20160720125254p:plain

ニンフィア@精霊プレート 控え目

ハイパーボイス めざめるパワー地 マジックコート 守る

追い風時ガブリアス抜きまでSを振りました。

こいつをどれだけ動かせるかが勝敗にかかわる重要なポケモンです。

ここまででドーブルが死ぬほど重いので確実に初手に出てくるのでポケモンは甘くないぞと教えるためマジックコートを採用しました。

オフでも2回中2回とも決めることができました。

本音を言うとドーブルを抹殺して電光石火を採用したいです。いびきは迷いましたがドーブルを1回で倒せないのでありえないという結論になりました。

f:id:pokerei:20160720125308p:plain

ヒードラン@シュカのみ 控え目

熱風 大地の力 原子の力 守る

このポケモンリザードンの並びはあまりにも有名で、これらがいることでモロバレルの選出を十中八九抑えることができます。

原子の力はファイアローに対する処理手段がゼロなので採用せざるを得ませんでした。

シュカを採用しても地震を急所に貰って死んでいくのでめっちゃ萎えてました。

 

基本選出

 

VSマンダ VSガルーラ VS雨サナ(リザが重くサナビアルの初手で来るため)

ゲンガーズキン ニンフィアバレル

VSサナ VS雨 VS速い猫持ちのいないスタン

リザズキン ニンフィア バレルorドラン

VSドーブル入り

初手にニンフ置いて後は適当に

 

あとがき

正直自分の全国ダブルの構築で最も完成度が高いといっても過言ではないです。

あいオフでも優勝する自信はあったのですが決勝トーナメントでは、安定択に気づくことができずに負けてしまったので精進しようと思います。

リザゲンの2メガはとても対応範囲の相性がよく、まだまだ開拓されきれていない分野だと思います。特殊な構築なので参考になるかはわかりませんが行き詰っている方の参考になったらうれしい限りです。僕でよければ相談も受け付けます。

最後に

言語障害軍団に入団しましょう、言語を喪う代わりにポケモン強くなれます。

入団希望は よよりおんわいえすけー まで

【シングル】東海シングルフェスタ使用 ボルトゲンガー

 12月27日、ダブル勢の私が東海シングルフェスタというシングルのオフに参加してきたので使用した構築を簡単にですが残しておこうと思います。

結果は3-5予選落ちといいとは言えないものでしたがとても楽しくモチベもあがりました。

背伸びオフも出場予定ですのでその際はよろしくお願いします。

f:id:pokerei:20151228212849p:plainf:id:pokerei:20151228212854p:plainf:id:pokerei:20151228212922p:plain

f:id:pokerei:20151228212914p:plainf:id:pokerei:20151228212907p:plainf:id:pokerei:20151228212929p:plain

以上の6体となっています。

 

ゲンガー@メガ 臆病

159-○-80-150-104-170

祟り目 ヘドロ爆弾 催眠術 身代わり

 

ボルトロス脱出ボタン 臆病

186-○-91-146-100-179

草結び 電磁波 威張る 挑発

 

バシャーモ@メガ 意地っ張り

169-189-91-○‐91-116

フレアドライブ とび膝蹴り 岩雪崩 剣の舞

 

ランドロス@こだわり鉢巻 陽気

165-197-106-○-100-157(非理想値)

地震 岩雪崩 馬鹿力 大爆発

 

ロトム水@オボンの実  図太い

157-○-141-138-128-123

10万ボルト ボルトチェンジ 鬼火 ハイドロポンプ

 

ナット玲@食べ残し  意地っ張り

181-125-176-○-149-40

電磁波 ステルスロック 寄生木の種 アイアンヘッド

 

といった構成になっています。個別解説(解説するとは言ってない)に移ります。

 

f:id:pokerei:20151228212849p:plain

ゲンガー

ギミックの軸になるポケモン

後述のナット玲やボルトロスで電磁波を撒き、死にだしもしくは無償を狙って出し身代わりを残したうえで祟り目で突破する動きを想定していました。

ロトムの鬼火を祟り目のトリガーにするのは身代わりをそれによって残せるわけではないので行き当たりばったりな状況も多かったですが、ナットレイの寄生木と同じく身代わり連打でスリップダメを稼いで強引に突破する動きもできたりします。

今回のオフやレートではかなりギミックの成功率は良かったのですが、土壇場になるとダブル勢特有の運要素を激しく嫌う性質が発揮されてしまい微妙な構築に対してバシャーモ軸で選出することが多くなってしまい上手く勝ちきることができませんでした。

出した試合はほとんど勝てていたのでこいつに関しては良かったです。

素催眠に関しては一度だけ予選一位抜けの「夢のつぼみ」さんのラティアスに打ち、あてていたら有利だったのに外したのでゴミ技です。使いましょう。

 

f:id:pokerei:20151228212929p:plain

化身ボルトロス

色々変態な構成になっていますが、基本的にゲンガー軸で出すときの先発になります。

とりあえず、思考停止で電磁波を打ちますが、完全補助型のポケモンに対しては挑発を入れたのち電磁波を入れ、初手に地面が出てきた場合は草結びしていく形です。

その後攻撃をもらって脱出し、ゲンガーに繋ぐのが理想となります。

草結びをなぜ採用したのかですが、電気技さえ通るポケモンには電磁波しか打たないので汎用的な攻撃技は必要なく、更に10万ボルトを採用した場合電磁波を嫌って出てくる地面の処理ができず脱出するかひかざるを得ないので、地面枠に通る草結びを採用しました。

また、このポケモンはめざ氷を持っていることが多いため地面枠の中で最も有力なガブリアスを誘わない点がとても優秀でした。

さて、ここまで草結びの有用性について熱く語っておりますが当日個体の不手際で10万ボルトの個体を使ってしまいました。そのせいで一試合落としました(爆笑)以上です。

 

f:id:pokerei:20151228212854p:plain

バシャーモ

みんな大好きなめちゃくちゃ扱いやすいポケモンだと思っていました。

基本ロトムの後攻ボルチェンか死に出して有利対面、もしくは「守るを挟むことで有利になれる」対面を作り舞って抜いていくだけです。

思考停止で勝てると思い、だしていくことが多くなってしまいましたがパーティに霊がいるだけで膝は打ちにくくなってしまいますし、アローがいるパーティに対しては雪崩を押すかの考慮も発生してしまうで正直なところ不安定だなという感想を持ちました。

こいつを軸に選出するときはサイクル気味になるので出すのはアローやサザンドラがいるパーティにとどめたほうがいいかもしれません。

ガルーラなどのまったく別のメガを使ってみるのもよさそうだと感じました。

f:id:pokerei:20151228212922p:plain

霊獣ランドロス

爆発の翁。

こいつに威嚇いれにきた同属を一撃でふっとばす生物兵器の底意地をみせました。

これでも十分強いがこいつ出す場面は大抵相手が引くので(蜻蛉警戒?)襷にして地震雪崩剣の舞爆発とかのほうがこいつのパワーを最大限引き出せると思いました。

ダブル勢としてボルトランドの並びは持ち込みたかったので良かったです。

f:id:pokerei:20151228212914p:plain

ロトム

ファイアローをチェックする役、説明不要のテンプレ構成ですがかなり強かったです。

基本物理アタッカーを鬼火で止めたりボルチェンしたり起点を作るために動かします。

フェスタでは有利に試合を運べていたのにこいつをひっかける奇型シャンデラに3タテされたので泣きました。

f:id:pokerei:20151228212907p:plain

ナットレイ

ナット玲。名前からすると史上最高にCuteでCoolでなくちゃいけないはずだったのにくそ雑魚だったので何も言えないです。

原因にはボルトロスと役割がかぶっているのが明白なのと、ステロで確定数など変わるポケモンがほとんど見当たらない点が挙げられます。アプローチはそこそこいいと思ってるので別の型で使ってみたらいいかもしれません。

ちなみに一回だけ出した試合はポリにトリル貼られた挙句、めざ赤で逝ったので僕もイきました。終わり。

 

総括としてはボルトゲンガーの並びは運にこそ頼るもののめちゃくちゃ強かったです。ただ、構築として余り良くまとめることができなかったのでこのような結果になったとguessしております。

よければボルトゲンガー、一度使ってみていただけると幸甚です。

シングルフェスタは競馬などのごたごたはあったものの非常に楽しいものでした。

とげうなぎさんの実況もかなりおもしろかったので今度ニコニコのほうものぞかせていただこうと思います。

運営の方々、楽しいオフをありがとうございました。

では、シングル勢の方は背伸びオフで、ダブル勢の方はしゃでやあいオフでまた会いましょう!!!

【ダブル】第8回あいオフ オフレポ&使用構築

第8回あいオフに参加してきました。僕は3回目のあいオフ参加ですが、初のチーム戦形式ということでクルーズさんとキー汰さんと組んでいただきました。

 

まずは結果からですが 

予選 チーム4-1 個人4-1(どちらも負けたのは抜け確ジャンケンなので実質無敗)

決勝 チーム0-2 個人0-2  通算個人4-2 4位

というかたちになりました。

今回の使用構築ですがグロリアクラシックまでは使おうと思うので、メンバーだけにとどめておきます。

f:id:pokerei:20151111012754p:plainf:id:pokerei:20151111012806p:plainf:id:pokerei:20151111012812p:plain

 

f:id:pokerei:20151111012821p:plainf:id:pokerei:20151111012852p:plainf:id:pokerei:20151111012934p:plain

 

と、こんな感じで、割と異彩を放っていた感じの構成ではあったと感じています。

 

オフレポに入ります。

雑多に時系列順に書いていくので飽きたらブラウザバック(僕がおしそうになってます)

 

さて、会場までだがアクティブオタクを自負する僕はリア友と自転車で1時間半かけてアクセスした。

会場に着き、開場まで(笑えオタクども)時間があったのでリア友と予選の成績が悪かった方がデレステの10連ガチャを引くという闇契約をした。

そして会場に入ったのだがごちうさの上映会を大画面で...しゃなぽけさん『こ、これは!れっきとした放送テストなんだからねっ!♡』ふーん...まぁ可愛いからいいです(ごちうさが)

そんなこんなでチームの方と合流しました。キー汰くんは予想以上に小さくて視界に入らなかった。でもイケメン。小さいイケメン略してチビ。クルーズさんは優しかった。神。すこ。

ここで僕らはチーム名のうんちキレイキレイズを略されてうんちにされていることに気付いた。f:id:pokerei:20151111023059j:image何を言っているのかわからねーとry うんちをキレイにしようとしたら自らがうんちになっていたというミイラ取り的な原理である。 お前臭ーよ。

自己紹介ではごちうさの好きなキャラを言ったりフラれた自慢をする人がいたが僕は『模試オフサボってうんちをキレイにしてきました(エッヘン)』微笑を誘ったので僕は癒し系、これは間違いない。

まあ、そんなこんなで予選に入るのだが特に目立ったこともなかった。ふぇいとさんという方、初対面だったのだがレートで当たっていて覚えててくださったのでいい人。とりあえず惚れた(?)惚れてない。

女性プレイヤーのにゃんさんから着けていたビビアンウエストウッドのネックレスを褒められて、それもなかなか嬉しかった。さすが女性。見習えうんちども。

決勝トナメの負けは二連守る決められたりしたので不可抗力、3割だから別に悔いもないし僕が勝っても3人とも負けてたから仕方ないねって感じ。

決勝が終わり会場から出て小休止友達に予選全勝チラつかせて闇契約デレステ10連を引かせる

結果SR1枚。

 

友達『まだ終わらんよ』(コミュ読みながら)

 

 そして再度引いた10連

 

SSRちえり (ブチュブリュリュ)

脱糞した。 脱糞した。うんちまじか。これ以上語れない。

 

この時点で二次会へ行くために通り過ぎる人がいて僕の神がかり的な手さばきをみて『あ、あれデレステの動きやん、オタクw』と言っていったオタクがいた。顔、覚えたからな(デレステに夢中で見えてない)

そんで二次会の焼肉へ行ったのだがここで色んな人と仲良くなれた。とりあえずクルーズさんとフレ戦して負けん気a↑1ボルト立てて安心してるクルーズさんを輪唱で''理解らせた''うんちの駆除は完了。うんちまじか。

その後クルーズさん、フェイトさんとーまくんとマルチをやったのだがf:id:pokerei:20151111021157j:imageこんな感じ。(画像はとーまくんからパクルーズ)

さすがクルーズさん。ハルカパとかいう意識の高さ。ぼっちの僕はほとんどマルチをしてこなかったのでパーティがない。だからガチ。でも負けました。

オコリザル!?聞いてない!凍る!?知らねえ!まあそんな感じ。

で、まあ10時過ぎに解散したわけだが、皆さんお忘れではないだろうか。

自転車で来たことを。

-漕ぎ続けること2時間-

帰宅は0時30分になりました(´^p^`)

色々ありましたが超楽しかったデュフ。組んでくれたキー汰くん、クルーズさんありがとうございました。

運営のしゃなぽけさん達も同じくありがとうございました。また次回も参加しようと思います。

では今回はこの辺で。

オマケ

 

ポケモン†小獣†

玲と申します
これはポケモンブログです
ポケモンブログです

なるべく使い終わったパーティに捧げる鎮魂歌を書いてあげようと思います(ついでに誰か僕のチ〇コ掻いてください)(今日はポッキーの日なので僕のチ〇コでポッキーゲームでも構わない)

何か構築について質問や批判等ありましたら@AniPokeLoveliveで受け付けます